愛猫が皮膚病になったらすぐに評判のいい病院へ

ウーマン

にゃんこの皮膚の病気

聴診器と猫

症状と個所によって

ペットとしておなじみの猫は、もともと清潔にするために自分でよく身体を舐める動物です。けれども妙に頻繁に舐めすぎたり皮膚に噛みつくような場合、たんなる日常的なグルーミングではなく、皮膚病が疑われます。またそういった行為だけでなく、フケがやけに出たり脱毛するような場合も皮膚病の可能性が高いです。そんな猫に見られるおもな皮膚病の原因としては、ノミやダニ、寄生虫や白癬への感染などの影響や、食物や日光などのさまざまなアレルギーに、ストレスなども影響が出る可能性があります。さらにホルモンバランスの乱れやビタミン欠乏症、肉芽腫などの他の病気のサインであるケースもあるため、素人による安易な判断は避け、動物病院で医師に適切な判断と処置をしてもらうことが大切です。ちなみに猫の皮膚病の中でもっともポピュラーなものとしては皮膚炎があります、その皮膚炎だけでもその原因についてはさまざまで、毛が抜ける個所などによって原因も異なってきます。そして猫は季節の変化などによって毛が抜けることは普通のことですが、極端に大量脱毛して地肌がみえるような場合は、病気を疑うようにしましょう。同様に同じ個所ばかり舐めたりしきりに身体をかくような場合も、皮膚病の可能性があるので注意が必要です。また皮膚病の場合は基本的に自然治癒することは稀であり、そのまま放置しても症状が改善することはほとんどありません。それどころか逆に症状が悪化することが多いため、少しでもおかしいと思った場合、早急に動物病院を受診するようにしましょう。